体験2020-02-18T14:25:06+09:00

体験

2020.01.232020.01.23

ものづくりの原点、鍛治職人の匠の技に触れる – 三暁

鉄工団地と呼ばれる鞆の工場群の中で、1951年に船具製作所として設立した『株式会社 三暁(さんぎょう)』。鉄工団地内の錨(いかり)製造工場を引き継ぎ、最新鋭の設備を用いた精密加工技術と、伝統的な自由鍛造技術を組み合わせて様々なものづくりをしています。 > MORE

2020.01.232020.01.23

ローカル感満載! 町人に愛される鮮魚の移動販売 – 鮮魚 衣笠

卸専門の鮮魚店『鮮魚 衣笠』の衣笠睦生さんが鞆町内の4ヵ所で実施している鮮魚の移動販売。鮮魚だけでなく、お刺身や焼き魚などすぐに食べられるよう加工した商品も販売されています。スーパーのない鞆の浦では、高齢者の生活を支えるマーケットとしての役割を果たしています。 > MORE

2020.01.232020.01.23

鞆の浦の漁師 – 瀬戸内の海の幸を届け、未来に繋ぐヒーロー

港町・鞆の浦では、数は減ってしまったものの、今も現役の漁師たちが船を出し漁を行なっています。季節や狙う魚によって漁のスタイルもさまざま。水揚げされた魚は船の生け簀で新鮮なまま運ばれ、港に待つ卸業者によってその場ですぐ選別・買い取りされたり、 > MORE

2020.01.232020.01.23

仙人も酔いしれる、美しの島でゆるっとトレッキング – 仙酔島

鞆の浦の海岸や高台を歩いていると必ずと言っていいほど目に入るのが、対岸に悠々と浮かぶ仙酔島。“仙人も酔ってしまうほど美しい島”というのが名前の由来といわれています。 仙酔島には、大弥山をはじめいくつもの展望台があり、トレッキングコースも4種類。 > MORE

2020.01.232020.01.23

漁師町の食卓に並ぶ不思議な名前の料理 – ぶっつー、がす天

瀬戸内の新鮮な魚介類が豊富な鞆の浦の飲食店やお宿では、気軽に地魚料理を味わうことができますが、町を歩いてみると「ぶっつー」「がす天」といった不思議な名前の料理に出会えます。せっかく漁師町を訪れたなら、昔から変わらず地元民に愛され続けるローカルフードを探してみては? > MORE

2020.01.232020.01.23

石窯ピザをお伴にビーチカフェでチルアウト – Kitchen Natty

鞆の浦の中心地から少し離れた小室浜海岸にある、海の家を改装したビーチカフェ『Kitchen Natty』。自家製の天然酵母で作られた生地にソース・チーズ・具材をのせて石窯で焼き上げたピザ、地物の魚介類を使ったパスタ、自家製レモネードやコーヒー、カクテルなどのドリンクを楽しめます。 > MORE

2020.01.232020.01.23

日常を忘れて自分と向き合うお寺修行体験 – 正法寺・顕政寺

20近いお寺が点在する鞆の浦では、写経や坐禅といった修行体験ができるお寺も少なくありません。そこで、『正法寺』の坐禅会と『顕政寺』の観心行をご紹介。「お寺で修行」と聞くと、厳しそうとかまえてしまうかもしれませんが、どちらもが優しくレクチャーしてくれるから初めてでも安心して参加できます。 > MORE

2020.01.232020.01.23

“関東煮(かんとだき)”をアテに昼飲みの幸せ – 平井商店

『走島汽船切符売場』の隣にある日用品とおでんのお店『平井商店』。練炭火鉢で煮込まれたおでん=関東煮(かんとだき)は、ざらめを加えて甘辛く仕上げた優しい味が人気。どれも100円前後と手頃で、店頭で販売されているジュースやお酒と一緒に楽しむこともできます。 > MORE

2020.01.232020.01.23

絵画のような絶景を前に写経体験 – 福禅寺 対潮楼

鞆の浦観光で最も人気の高いスポットのひとつ『福禅寺 対潮楼』。1711年、鞆の浦に立ち寄った朝鮮通信使の李邦彦(イ パンオン)は、客殿として使われていた『福禅寺』からの景色を「日東第一形勝」、つまり“日本で一番美しい景勝地”と讃えました。 > MORE

2020.01.232020.01.23

由緒ある神社の参道でお買い物 – とも・潮待ち軽トラ市

鞆の浦で行われる多くの祭の舞台となる『沼名前(ぬなくま)神社』の参道で、毎月第4日曜日に開かれている小さな朝市があります。地元育ちの新鮮な野菜や果物、とれたての魚介類、パンやお菓子、ジャム、雑貨のお店など、ひとつひとつは小規模ながら、元気をいっぱいにもらえるショップが並びます。 > MORE

鞆の浦の漁師 – 瀬戸内の海の幸を届け、未来に繋ぐヒーロー

港町・鞆の浦では、数は減ってしまったものの、今も現役の漁師たちが船を出し漁を行なっています。季節や狙う魚によって漁のスタイルもさまざま。水揚げされた魚は船の生け簀で新鮮なまま運ばれ、港に待つ卸業者によってその場ですぐ選別・買い取りされたり、 > MORE

“関東煮(かんとだき)”をアテに昼飲みの幸せ – 平井商店

『走島汽船切符売場』の隣にある日用品とおでんのお店『平井商店』。練炭火鉢で煮込まれたおでん=関東煮(かんとだき)は、ざらめを加えて甘辛く仕上げた優しい味が人気。どれも100円前後と手頃で、店頭で販売されているジュースやお酒と一緒に楽しむこともできます。 > MORE

ローカル感満載! 町人に愛される鮮魚の移動販売 – 鮮魚 衣笠

卸専門の鮮魚店『鮮魚 衣笠』の衣笠睦生さんが鞆町内の4ヵ所で実施している鮮魚の移動販売。鮮魚だけでなく、お刺身や焼き魚などすぐに食べられるよう加工した商品も販売されています。スーパーのない鞆の浦では、高齢者の生活を支えるマーケットとしての役割を果たしています。 > MORE

漁師町の食卓に並ぶ不思議な名前の料理 – ぶっつー、がす天

瀬戸内の新鮮な魚介類が豊富な鞆の浦の飲食店やお宿では、気軽に地魚料理を味わうことができますが、町を歩いてみると「ぶっつー」「がす天」といった不思議な名前の料理に出会えます。せっかく漁師町を訪れたなら、昔から変わらず地元民に愛され続けるローカルフードを探してみては? > MORE

日常を忘れて自分と向き合うお寺修行体験 – 正法寺・顕政寺

20近いお寺が点在する鞆の浦では、写経や坐禅といった修行体験ができるお寺も少なくありません。そこで、『正法寺』の坐禅会と『顕政寺』の観心行をご紹介。「お寺で修行」と聞くと、厳しそうとかまえてしまうかもしれませんが、どちらもが優しくレクチャーしてくれるから初めてでも安心して参加できます。 > MORE

ものづくりの原点、鍛治職人の匠の技に触れる – 三暁

鉄工団地と呼ばれる鞆の工場群の中で、1951年に船具製作所として設立した『株式会社 三暁(さんぎょう)』。鉄工団地内の錨(いかり)製造工場を引き継ぎ、最新鋭の設備を用いた精密加工技術と、伝統的な自由鍛造技術を組み合わせて様々なものづくりをしています。 > MORE

石窯ピザをお伴にビーチカフェでチルアウト – Kitchen Natty

鞆の浦の中心地から少し離れた小室浜海岸にある、海の家を改装したビーチカフェ『Kitchen Natty』。自家製の天然酵母で作られた生地にソース・チーズ・具材をのせて石窯で焼き上げたピザ、地物の魚介類を使ったパスタ、自家製レモネードやコーヒー、カクテルなどのドリンクを楽しめます。 > MORE

絵画のような絶景を前に写経体験 – 福禅寺 対潮楼

鞆の浦観光で最も人気の高いスポットのひとつ『福禅寺 対潮楼』。1711年、鞆の浦に立ち寄った朝鮮通信使の李邦彦(イ パンオン)は、客殿として使われていた『福禅寺』からの景色を「日東第一形勝」、つまり“日本で一番美しい景勝地”と讃えました。 > MORE

由緒ある神社の参道でお買い物 – とも・潮待ち軽トラ市

鞆の浦で行われる多くの祭の舞台となる『沼名前(ぬなくま)神社』の参道で、毎月第4日曜日に開かれている小さな朝市があります。地元育ちの新鮮な野菜や果物、とれたての魚介類、パンやお菓子、ジャム、雑貨のお店など、ひとつひとつは小規模ながら、元気をいっぱいにもらえるショップが並びます。 > MORE