波止
鞆の津を包み込む海の石垣『波止』

『波止(はと)』とは、台風などの強風や高波から船を守るために海中に設置された防波堤のこと。鞆の浦には江戸時代に造られた石積みの波止が現存しており、鞆湾の東側にある大河島下の波止、鞆湾の西側の淀姫神社下の波止、その南方の玉津島下の波止の3基が、まるで鞆の浦をやさしく包み込むように延びています。
石造りの波止としては国内最大級の規模で、いかに鞆の浦の港が重要視されていたかが分かります。波止を歩いて海側から見る鞆港の景観も見逃せません。