常夜燈からほど近く、港でひと際目を引く白壁が美しい大蔵。『いろは丸展示館』は、江戸期に建てられた蔵をそのまま利用した博物館です。なまこ壁や立派な梁など、往時の鞆の浦の繁栄を今に伝える堂々たる佇まいも見逃せません。

1867年、鞆沖合で坂本龍馬を乗せた海援隊の船「いろは丸」と紀州藩の軍艦「明光丸」が衝突。いろは丸は積み荷もろとも沈没してしまいます。この海難事故をきっかけに坂本龍馬をはじめとする関係者たちは鞆の浦に上陸。数日間滞在し、事故の損害賠償に関する交渉を行ったとされています。

館内では、5回におよぶ潜水調査によって引き揚げられた「いろは丸」の遺物のほか、衝突事件に関する考察をイラストや写真で紹介。「いろは丸」の沈没状況を再現したジオラマも展示されています。

2階には、坂本龍馬と海援隊士らが鞆滞在中に身を隠した枡屋清右衛門宅の一室が再現され、部屋の中央にはなんと実物大の龍馬の人形も。龍馬になりきるコスプレ体験もできるなど、ファンにはたまらない仕掛けが盛りだくさんです。
『いろは丸展示館』を起点に龍馬の足跡をたどってみましょう。


いろは丸展示館
住所/広島県福山市鞆町鞆843-1
電話/084-982-1681
開館時間/10:00~16:30
入館料/小学生以上200円
休館日/年末年始